ホーム > 齋藤 ウィリアム 浩幸

齋藤 ウィリアム 浩幸

名前 齋藤 ウィリアム 浩幸
カナ サイトウ ウィリアム ヒロユキ
 

プロフィール

1971年生まれ。米・ロサンゼルス出身の日系二世。 16歳でカリフォルニア大学リバーサイド校に合格。同大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部を卒業。 10歳の頃からソフトウェアのプログラムの仕事を始め、大学在学中にI/Oソフトウェアを設立。 1998年に「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」(アーンスト・アンド・ヤング、ナスダックおよびUSAトゥデイ主催)を受賞。 テレビ会議システム開発などで失敗を経験した後、指紋認証など生体認証暗号システムの開発に成功。 その中核技術をマイクロソフト社を含む世界160社とライセンス契約を結ぶ。 2004年、会社をマイクロソフト社に売却。 2005年、日本へ拠点を移し、ベンチャー支援の株式会社インテカーを設立。 現在は、有望なスタートアップ企業の育成を手助けするとともに、世界各国の政府機関への協力、大学の講義、政策問題への提言などを行う。 講演活動をはじめ、出版物やテレビなど、多くのメディアを通じて情報を発信している。 2011年12月から、日本国会の東京電力福島原子力発電所事故調査委員会事務局にて最高技術責任者を務めた。 また、同年、世界経済フォーラムから「ヤング・グローバル・リーダー」、および「グローバル・アジェンダ・カウンシル」のメンバーとして選出。その後同フォーラムのボードメンバーにも任命されている。 2013年、ハーバード大学ケネディスクールが主催する世界各国の政財界トップを集めた「Global, Leadership and Public Policy」プログラムに招へいされる。 著書に『ザ・チーム』(日経BP社)などがある。

Page Top

著作一覧

その考え方は、「世界標準」ですか?

その考え方は、「世界標準」ですか?

日本人よ、失敗しよう。世界的起業家の提言

 
 

Page Top