ホーム > ハーバード流宴会術

ハーバード流宴会術 (単行本)

 
ハーバード流宴会術

グローバル資本主義を生き抜くためには、英語より宴会だ! ウケなくても挫けないタフな体と心があれば、あなたも世界水準になれる!

著者 児玉 教仁
ジャンル ビジネス・自己啓発
出版年月日 2012/11/21
ISBN 9784479793670
判型・ページ数 4-6・264ページ
定価 本体1,400円+税
 

目次

基礎編
すべての宴会術は、たったひとつの原理に帰する
幹事とは、参加者の「エアー・タイム」を極大化する係である
幹事たるもの、「ノーブレス・オブリージュ」の精神をもて
リーダーシップを磨くなら、「立食型」より「着席型」の宴がベター

実践編
「席順」は事前にシミュレーションしておく
思いつき(Just an Idea)でモノを言うな
宴会芸は「単純明快、どっかん、バカだなぁ」の3点で攻める
「目的」を強く理解しあうチームこそ最強
最初の一杯だけ気持ちよく飲めれば、お酒は強くなくていい
大事な席では、相手と一緒に食べ終われ
「会話のマウントポジション」をねらえ
「So, let me ask you…」で話を引き出せ
「な・る・ほ・どーー」で対象者を中心に据える
なぜ「グーグルクイズ」が最高に盛り上がるのか
一次会と二次会の「あいだ」はオペレーションの総戦力で乗り切る ほか48の奥義

Page Top

内容説明

ライフネット生命保険副社長 岩瀬大輔氏 推薦!

ハーバードで一番有名な日本人が教える世界水準の「気配り・おもてなし」の行動。

・求められるのは「ビジョン・プラン・エクセキューション」
・参加者全員の「エアー・タイム」を極大化する
・プロジェクトの成否は事前の「シミュレーション」で決まる
・思いつき(Just an Idea)で話をしない
・「アイスブレイク」がうまくいくと、会話は弾む
・カラオケの選曲は「マーケット・イン」の発想で決める
・欧米人には強いグリップの握手と堂々とした頬キス

…社内行事、接待、結婚披露宴、合コン、ホームパーティーで、今夜すぐ使える超具体的な48の指針、若手社員もベテラン社員も役立つ「ひと手間くわえたコミュニケーション術」が満載。

+「外国人をもてなすコツ」付き

Page Top