ホーム > 偏愛力

偏愛力

 
偏愛力

「○○がハンパなく好き」と言えるものがあるだけで、人付き合いはがらっと変わる! 誰とでもうちとけるコミュニケーションメソッド

著者 齋藤 孝
ジャンル ビジネス・自己啓発
出版年月日 2013/11/22
ISBN 9784479794196
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 本体1,400円+税
 

目次

第1章 偏愛で「アイデンティティ」の根を張る
1 偏った愛が「個性」になる
2 人は誰もが、自分の思いを話したがっている
3 偏愛は「自分らしさ」の礎石になる
4 美しいものをひたすら愛してきた美輪明宏
5 井上陽水の言葉に救われた院生時代
6 「何気ない会話は苦手」がなくなる
7 さよなら「友だちいないと不安だ症候群」
8 深く沈潜する時間が、自信をつくる
9 夏目漱石が愛した落語
10 偏愛ワールドは「自分の城」そのもの

第2章 突き抜けた「愛」が人生をつくる
11 「好き」と「偏愛」はここが違う
12 一節を引用できるか
13 酸いも甘いも合わせて飲み込む
14 深くのめり込む感覚+他人と共感し合う感覚
15 偏愛の教科書『清兵衛と瓢箪』
16 「すっごく好き」が芋ずる式に愛を生む
17 〝自分と繋がっている感〟が大事
18 「偏愛の根」を広げた手塚治虫
19 心が折れそうなときの支えになる
20 エジソン、アインシュタイン、ダ・ヴィンチは偏愛の達人

第3章 「マイ偏愛」を持つ技・増やし方
21 相手との距離感を縮める「被感染力」
22 ビュッフェパーティから本物の愛は生まれない
23 マイ・フェイバリットを書き出す
24 「好き」を3つに色分けする
25 ランキング付けで偏愛度が上がる
26 あえて人の偏愛に乗る
27 初めは「最高級のものに接する」が鉄則
28 1日10時間、どっぷり漬かる
29 人が注目しないところに目をつける
30 縁をおろそかにしない

第4章 誰でもうまくなる偏愛コミュニケーション
31 「偏愛マップ」をつくる
32 マッピングの形式は自由
33 『枕草子』は究極の偏愛マップ
34 一目見るだけで本当の自分が見えてくる
35 1枚の紙で〝出会った瞬間から〟盛り上がる

第5章 偏愛を交換し合う10のルール
36 ルール1 まずは話すより聞く
37 ルール2 相手の話題をけなさない
38 ルール3 紙の上でアタマを整理する
39 ルール4 言葉のキャッチボールを意識する
40 ルール5 偏愛ジュークボックスにならない
41 ルール6 「たとえば?」と「つまり」で切り返す
42 ルール7 誰でも「2割」合えば、よしとする
43 ルール8 話のズレやギャップにいら立たない
44 ルール9 沿いつつずらしていく
45 ルール10 〝お土産〟で相手の世界を尊重する

第6章 「好き」を深めて幸福感アップ
46 自己肯定力を味方に生きる
47 〝一つ窯の偏愛を食う〟仲間ができる
48 心の師を持てる
49 遊びの質を高めていく
50 醸成されていく幸福感

Page Top

内容説明

突き抜けた「愛」が人を強くする!

・偏ること=自分にとって「絶対評価の軸」を持つこと

・ひとつのことに深くのめり込む時間が、自信をつくる

・偏愛があれば、どんなにつらい困難にも立ち向かえる

・相手の偏りを受け入れると、狭かった世界が広がる

・偏愛マップを使うと〝出会った瞬間から〟うちとける

職場のコミュニケーションを高めたい人、つるむだけの友だち、話題の少ないカップル&合コン、ほんとは異性と楽しくおしゃべりしたい人、会話が続かない親子…いろんな用途に使えて、とてつもなく簡単! 誰とでもうちとける最強のコミュニケーションツール満載!

Page Top