ホーム > いつも同じお題なのに、なぜ落語家の話は面白いのか

いつも同じお題なのに、なぜ落語家の話は面白いのか

 
いつも同じお題なのに、なぜ落語家の話は面白いのか

“間”を味方につけろ。笑いには種類がある。話しかけるときは文脈。独演会名人になるな。個性は結果だ。立川流真打だから書ける!

著者 立川 談慶
出版年月日 2015/07/07
ISBN 9784479392804
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,400円+税