ホーム > マジ文章書けないんだけど

マジ文章書けないんだけど

マジ文章書けないんだけど

マジ文章書けないんだけど

朝日新聞のベテラン記者が教える超新感覚な文章講座。物事を客観的に捉え、ストーリーを練りあげる力を養う。

著者 前田 安正
ジャンル ビジネス
出版年月日 2017/04/19
ISBN 9784479795865
判型・ページ数 4-6変・224ページ
定価 本体1,300円+税

内容紹介

「マジ文章書けないんだけど……」

「えっー! マジ、マジ? それ相当ヤバいよ」



就職活動をひかえた大学生すずは、エントリーシートが書けずに悩んでいた。

そんな時に、文章の達人である謎のおじさんと出会い、文章の書き方を基本から学ぶことに……


・文と文章の違いとは?
・一つの文には、一つの要素
・「だが」と「ので」はできるだけ使わない
・受動態を使って、客観的な表現に
・過去の話でも現在形をまぜると「ライブ感」が生まれる
・「状況」「変化」「行動」、人間の思考に沿って文章を組み立てる
・Whyを使って話を広げる


次第にすずは、謎のおじさんが文章の書き方だけを教えたいわけではなく、文章を書くことの本質を伝えてくれていることに気づいていく…


メール、手紙、ES、報告書、企画書…
あらゆる文章に共通する「書くことの本質」とは一体??

著者プロフィール

  • 朝日新聞メディアプロダクション校閲事業部長 / 未来交創ビジョンクリエイター

    早稲田大学卒業、朝日新聞入社、名古屋本社編集センター長補佐、大阪本社校閲マネジャー、用語幹事、東京本社校閲センター長、編集担当補佐兼経営企画担当補佐などを歴任。
    国語問題、漢字についての特集や連載、コラムを担当。漢字の字源、文章に関する本など著書も多い。朝日カルチャーセンターのエッセイ教室や早稲田大学生協主催の就職支援講座を担当。「文章の直し方」など企業の広報研修にも出講。
    未来交創という組織を立ち上げ、ビジョンクリエイターとして企業の文書コーチングなどを手掛け、活躍の場を広げている。

購入する

シェアする