ホーム > 「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術

「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術

 
「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術

価値ある情報を瞬時につかむ収集術から、能率よく記憶する整理術、効率よく発する文章術まで、知的生産力をアップする情報活用法!

著者 齋藤 孝
ジャンル ビジネス・自己啓発
出版年月日 2009/08/20
ISBN 9784479792659
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,400円+税
 

目次

プロローグ 検索は、知的生産力を鍛えるか?
*私の「知的生産術」の磨き方
*まずは、自分の頭の中を検索せよ
*コピペしただけの情報に価値はない
*タクシーでは足腰は鍛えられない
*記憶がなければ何も生まれない
*自分をくぐらせる
*頭をよくする情報活用法

Step1 選ぶ力をつける5つの手法
1 出会った瞬間に勝負する
*情報は「一期一会」
*出会いの瞬間に縁をつくる
*ピピッときたら、すかさずメモを取る
2 収集にムダなエネルギーをつかわない
*キーワードで情報をつかみ取る
*磁石の力を利用する
3 「自分」を検索する機能を鍛える
*「とくになし」はやめる
*自己検索には「スピード」も大事
*「検索力」と「収集力」は同時に高まる
*縁のない情報はどんどん「捨てる」
4 仕込みに「ひと手間」かける
*再生できない情報は、「ないのと同じ」
*すぐに思い出せる形で保存する
*「フック」をつけて、頭の中にひっかける
*「気になること」をたくさんつくる
*その日のうちに二人にしゃべる
5 「五感」で感じ取る
*直感を鍛える
*ニオイを手がかりにひきよせる
*身体で感じる体験を増やす
*集中できる「構え」を身につける

Step2 本をとことん使う7つの手法
1 読書は錬金術である
*書く・話す・考える力をつける
2 本をどんどん読むコツ
*とにかく、数をこなす
*質量転化の法則
*一度に一〇冊、読んでいく
*多読と精読を両立させる
3 とにかく、最初はなんでも読む
*専門性にとらわれすぎない
*芋づる式読書法で幅広く読む
4 二割読んで「完読」と同じ結果を得る
*大事なところだけをすくい上げる
*「サーチライト読み」を鍛える
*「キモ」を見つける
*「立ち読み」でサーチ体験を増やす
*ためらわず、飛ばし読みする
5 「締め切り設定」で読書力が変わる
*買ったその日が最高の読書チャンス
*ストップウォッチで時間を設定する
*他者の力を借りて読む
6 本は汚して読め
*印をつけると記憶力が高まる
*解体しながら読むと吸収率が上がる
7 一〇〇%の記憶は必要ない
*内容を俯瞰するようにつかみ取る
*目次は本の「レジュメ」
*拡大コピーする二つのわけ

Step3 記憶を深める5つの手法
1 自分の言葉で再生してみる
*意味をつかまえて記憶する
*大事なのは共感すること
*丸暗記せずに要約する
*自分の経験とリンクさせる
2 幅広く、深く見る
*複眼的に見る
*できるだけ、たくさんの意見に触れる
*見えない「真意」をくみ取る
*自由にイマジネーションを広げる
*好き嫌いの感情も大事
3 もう一つの人生を生きる
*データベースに「深み」を与える
*駄作も名作も読む
*情報とアイデンティティ
*尊敬できる脳内スタッフを持つ
4 批判的思考を鍛える
*クエスチョンマークをつけられるか
*批判と共感を切り換えていく
*はじめから否定しない
5 人との出会いを大事にする
*いろんな立場からものを見る
*会話しながら、ポイントをメモしていく
*全人格を感じ取る

Step4 道具を使いこなす5つの手法
1 三つの色分けで情報をつかむ
*三色で心のセッティングをする
*三つの印、それぞれに意味・目的がある
*なぜ、三色なのか
*ノック音は脳のギアチェンジ
*整理と収納を同時進行で行なう
*色のバランスから、自分が見えてくる
2 手帳は三〇分刻みのものを使う
*手帳にひらめきを書き込む
*一週間を見わたせるか
*前年を振り返る
*三〇分ごとの刻みがものをいう
*締め切りまでの時間を読む
*知識やアイディアに日付を入れる
3 スケジュールは三つに分ける
*手帳の解像度を飛躍的に高める
*青・赤・緑の使い分け
*時間にメリハリをつける
4 ファイリング法のひと工夫
*個性のあるクリアファイルを選ぶ
*同じ傾向の情報をひとまとめにする
5 アウトプット力を高めるノートの取り方
*インスピレーションブックとしてのノート
*ノート活用・試行錯誤の歴史
*一見開きで話がひとつできること
*一冊のノートにこまめに書き込む
*ダ・ヴィンチ、モーツァルト、アインシュタイン

Step5 編集力をつける3つの手法
1 自分の経験とからみ合わせる
*具体的な「結果」を導き出す
*自動改札機と流れ落ちていく竹の葉
*経験は最高のマイ情報
2 ヒット企画は編集から生み出される
*編集力で見つける“コロンブスの卵”
*「違和感」を見過ごさない
*違和感とずらしの方程式
*企画書・提案書は手書きで書く
3 究極の情報源は「人と会う」
*ライブのインパクトは最高
*憑依するまではまり込む
*集める・真似る。そこからの出発

Page Top

内容説明

見えている資料も、読んでいる本も、聞いている話も同じなのに、なぜ成果に差が出るのか!?

明治大学の人気教授が、「読む・書く・話す」力を磨き、知的生産力を10倍アップする情報活用法を公開。

*情報洪水のなかから、いかにして「使えるネタ」を掴み取るか?
*「これは!」というネタを記憶し、確実にモノにするには?
*メモ用紙、ボールペン、手帳…、アナログ道具を活かすには?
*「無」からいかにしてアイディアを発想し、企画をまとめるか?
*ちょっとした会話や会議の提案で困らない「コメント力」をつけるには?

「メモ再生法」「10冊読書法」「3色記憶法」
「目次レジュメ法」「視点移動法」「30分手帳法」「ノート記録法」…

など、すぐに役立つ25のテクニックを伝授。

この一冊で、ほしい情報が一瞬で見つかる!
企画もトークもがらりと変わる!!

Page Top