ホーム > 人を信じても、仕事は信じるな!

人を信じても、仕事は信じるな!

人を信じても、仕事は信じるな!

人を信じても、仕事は信じるな!

小さい会社には小さい会社なりのやり方がある! 経営判断のツボから社員教育の心得まで、現役カリスマ社長による社長の教科書

著者 小山 昇
ジャンル ビジネス
出版年月日 2010/07/08
ISBN 9784479792963
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体1,500円+税

目次

第1章 社長の決定は「正しく」ではなく「早く」

1 利益責任は社長、実施責任は社員にある!
・「責任をとる」とは「経済的に損をすること」
・社員には実施責任がある
・「何を任せているのか」をはっきりさせる

2 決定の決定に「正しさ」は必要ない!
・なぜ8000万円のイスが社長室に置いてあるのか?
・「違う」と思えばすぐに修正すればいい
・スピードとは「早く走り始めること」

3 マスタープランがなければ会社は成長しない!
・なぜラスベガスは急成長を遂げたのか?
・山奥のホテルにこもって「経営計画書」をつくる
・業界内のレベルは同じ

4 社長は現場へ出て自分の目で確かめよ!
・「変化する社会」「変化しない社会」の両方を見る
・嫌な話は社長の耳に入ってこない
・しくみとは「嫌でも、自然にそうしてしまうもの」

5 自らの背中を見せて社員を育てろ!
・お中元・お歳暮は社長自身が持っていく
・お客様にエコひいきされることがビジネスの基本
・社員の誰よりも現場を知っている社長
・現場でしか教えられないことがある

6 会社のルールブックをつくれ!
・ルールブックがあれば行動に迷いがなくなる
・みんなが同じ部分に注目し、チェックするようになる

7 「賞」と「罰」の両方があるから会社は明るくなる
・「賞」しかない会社は暗い
・チャンスは平等に与えて、成績で差をつける
・自分が守れることだけをルールにしろ!
・正当な理由があってもルールを曲げるな

コラム1 初日に学んだ「愛はお金」という発想
ラブリークイーン株式会社 社長 井上真典

第2章 優秀な人を集めても会社は良くならない!

1 優秀な人などいらない!
・「辞めたい」という社員は引き留めない
・性格の悪い人は教育できない
・学生時代にバカになった経験があるか?

2 単純な仕事をさせれば、その人の特性がわかる
・まずは全員に同じ仕事をさせてみる
・動機は不純でも、チャレンジできるヤツがいい

3 マネすることは「最高の創造」だ!
・世の中にオリジナルなど存在しない
・素質は持って生まれたもの、感性は訓練で育つもの
・成功への近道は「丸ごとマネをする」

4 文句を言う人はリーダーに向いている
・文句は問題意識の表れ
・能力が同じなら、酒が飲める人をリーダーにする
・リーダーなら賞与の額を改ざんしろ!

コラム2 社長は「強制すること」を恐れてはいけない
鶴見製紙株式会社 社長 里和永一

第3章 社員教育の肝は「易しいことを、数こなす」だ!

1 思想は社長が教え、技術は幹部が教える
・すべての社員が時と場所を共有する
・自分自身で体験して初めて「理解」と言える

2 とにかく簡単なことを何度もやらせる
・社長と社員は「一対n」の関係
・部下の「はい」は単なる返事に過ぎない
・人は「聞く」ことから学びをスタートさせる
・「教えたい順番」ではなく「学びやすい順番」を優先する

3 小さなことを褒める
・大きなことを褒める機会などない
・「形」から入れば「心」は後から育ってくる
・「人」を叱らず「こと」を叱る

4 やりがいのある仕事ができる環境を整えよ!
・目標は「目に見える形」で示し、「実現可能」であること
・「根っこ」が同じ人同士を競わせる

コラム3 「やる」と決めたら、いつでも、どこへでも行く!
小林電気工業株式会社 社長 小林克也

第4章 真実を知りたければ「報告」を見直せ!

1 「下」から「上」へ真実がぶれないしくみをつくれ
・報告は「5つの項目」に集約する
・上司が部下に話を聞きに行く

2 すべての始まりは「社長が黙って話を聞く」こと
・社長が話し始めると本来の目的が達成できない
・毎朝タクシーのなかで報告を受ける
・報告のなかに「数字」と「固有名詞」があるか?

3 「報告」が変われば、経営全体が変わる!
・クレームは「大変だ、大変だ」と大騒ぎしろ!
・社員一人ひとりに情報収集の意識を持たせる
・「何もない」という報告こそが強力な営業ツール

コラム4 営業は「質」ではなく「回数」が大事!
大牟田トーヨー住器株式会社 社長 桜井信也

第5章 社員との良好な人間関係をつくる「しくみ」

1 面談の中身をルール化しろ!
・具体的な「コミュニケーションの仕方」は誰も教えてくれない
・面談を怠ると上司の賞与は40%ダウン!
・建設的な面談を実現する「4つのステップ」
・「場」をつくらなければ、言い出しにくいこともある

2 飲み会を社内の公式行事にせよ!
・飲みの席だからこそ人の本性がわかる
・会社は小さいからこそおもしろい

コラム5 数字を公表することで社内が一つのチームになった
株式会社ヴァリアント 社長 和田博

内容紹介

小さい会社には小さい会社なりのやり方がある!

赤字続きの会社を年商35億まで引き上げ、
2009年に指導した344社のうち
67社が過去最高益を上げ、倒産した会社はゼロ!

経営判断のツボから社員教育の心得まで、
現役カリスマ社長直伝!常識破りのテクニック

・社員は平等に扱わず、エコひいきする
・面談を怠る上司は、「賞与」を下げる
・目標は「目に見える・実現可能な形」で示す
・報告は「5つの項目」に集約する
・「人」を叱らず「こと」を叱る
・「辞めたい」という社員は引き留めない

――これをせずに社員を放っておいたら、あっという間に会社はダメになりますよ!

著者プロフィール

購入する

シェアする