ホーム > 新着情報 > 『ユダヤ人大富豪の教え』(本田健著)の単行本・文庫合計数が100万部突破!

新着情報

『ユダヤ人大富豪の教え』(本田健著)の単行本・文庫合計数が100万部突破!

 

 

『ユダヤ人大富豪の教え』(本田健著)の
単行本・文庫合計数が100万部を超えました。

 

株式会社大和書房(東京都文京区関口1-33-4)が、2003年6月に刊行した『ユダヤ人大富豪の教え』が、単行本、文庫合わせて100万部を突破しましたことをお知らせいたします。

 

弊社の刊行物としては、『愛と死をみつめて』(1964年刊行累計発行部数132万部)、『体脂肪計タニタの社員食堂』(2010年1月刊行累計発行部数308万部)、『続・体脂肪計タニタの社員食堂』(2011年11月刊行累計発行部数192万部)に続き、単独の著書では弊社4点目の100万部突破になります。

 

『ユダヤ人大富豪の教え』は、2003年6月18日、初版2万部で刊行。2017年5月25日の再版で47刷44万6千部。文庫版『ユダヤ人大富豪の教え』は、2006年2月10日、初版12万部で刊行。2017年5月25日の再版で56刷56万6千部。単行本・文庫合わせて101万2千部。

単行本の刊行から14年、文庫の刊行から11年。単行本、文庫ともに毎年版を重ねる大ロングセラーです。

刊行が、日本のバブル崩壊から10年を経た2003年。「お金と幸せ」をめぐる深い思索は、経済の長期停滞、リーマンショックという世界同時不況を経ても輝きを増し続けるロングセラーとなっています。

また、従来の「ビジネス書」が経営層、マネージメント層がコア読者層でしたが、『ユダヤ人大富豪の教え』は、10代、20代、30代の読者層を吸引しました。また、当時の「ビジネス書」は、男性が主要読者層でしたが、『ユダヤ人大富豪の教え』は、女性読者が半分という画期的なビジネス書として評価されるものと思います。「ビジネス書」の読者層を大きく広げた嚆矢ともいえます。

 

『ユダヤ人大富豪の教え』は、『ユダヤ人大富豪の教えⅡ』『ユダヤ人大富豪の教えⅢ』とシリーズ化され、図解版、コミック版を含めて188万部を超えます。

 

2017年5月25日

株式会社大和書房

Page Top

関連書籍

ユダヤ人大富豪の教え

ユダヤ人大富豪の教え(文庫)

50万部突破の大ベストセラーが文庫に!!

著者:本田 健
 
ユダヤ人大富豪の教え

ユダヤ人大富豪の教え(単行本)

著者:本田 健
 
 

Page Top